« 八王子に | トップページ | 感動した »

2006年3月17日 (金)

コトバ

入社してそろそろ1年が経とうとしている。

最近、「コトバ」について考えることが多くなった。

言葉っていうのは比喩なんだって最近思うようになった。

たとえば、「花」っていう言葉。最初に花ありきだったのか、それとも「華がある」のハナから連想して、そのような対象である、「花」を「ハナ」と名づけたのか

外来語であったり、固有名詞であったりと、その語源は多彩であろうが、いわゆる便宜のために作られた言葉ではない、そのものの本質をあらわすような言葉の語源には、必ず「比喩」が存在するのではないかと、最近気づいた。

つまり、そこにあるものが、そのような対象であるから、それに喩えて(比喩)そういう名前をつけた。というような類のものである。

基準はやはり人間にあったのではないか。さきの、「華がある」などはその代表的な例で、まず人間の行動やしぐさ、雰囲気をあるコトバで表現する。これを第一段階として、そのコトバが根付いたとき、それに見合うような対象の物質をその名前にあてはめるのだ。

・・・ すんません かなり抽象的な表現しかできなくて・・・

まだまだ力がないなぁって思います。ほんとすいません。。。。。。。

でも、コトバだけじゃなく、すべての源流にあるのは、やはり人間についての考察に端を発するのではないか。とは、最近よく感じるんだよね。

もうちょっと調べてみます。

最近目のまわるような忙しさです。微熱も続くし、気管支もやられ気味だけど、充実してるわ。

でもちょっとどっかで息抜きしないとね!

ていうか最近みんなmixiやってるね~

だれか誘って・・・ (ん!?)

|

« 八王子に | トップページ | 感動した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155689/9126017

この記事へのトラックバック一覧です: コトバ:

« 八王子に | トップページ | 感動した »