« いいつけ | トップページ | 色彩検定 »

2006年6月30日 (金)

村上龍の「限りなく透明に近いブルー」を読みました。

いまさら!って感じもありますが、いつか読んでみたかったんです。

さすがですね。なんというかすべての行為・感情を客観視したような表現と、セピア色をイメージさせる静寂感。

たぶんもう一回読めばはっきり作者の意図が見えてくるんだろうなぁ

読んだ人がいたら、是非感想を聞かせてください。ほかの人が読んだらどう捉えるんだろう・・・って興味が湧く作品でした。

|

« いいつけ | トップページ | 色彩検定 »

コメント

こんにちは!
「姉の部屋」からやってまいりました、ゆきです。
しょうもない文章にコメントつけてくれてありがとうございます(゚ー゚*)
お互い歯を落とさないように気をつけましょうね(笑

たまに遊びに来ますね♪

投稿: ゆき | 2006年6月30日 (金) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155689/10730462

この記事へのトラックバック一覧です: :

« いいつけ | トップページ | 色彩検定 »