2005年12月10日 (土)

発見!

NEC_0054

「にゃあにゃあ饅頭」だそうです。福井駅で見つけて !? と思って思わず撮影してしまいました。「娘娘」と書いて「にゃあにゃあ」。。。すごいですね、日本語って難しい。

先日聞いた話しですが、方言がうまれた理由として様々な見解があって、そのひとつに昔(江戸時代?)の藩の制度のなごりに由来する、というものがあるそうです

つまり、それぞの藩が独立性を保持するために、めいめい独自の暗号を使用していたらしく、他の藩の人間が会話を聞いても理解しづらくすることを目的として、今で言う「なまり」や「方言」がうまれた、とするものです。

札幌なんかは方言がないそうですが、やっぱりそれは官軍の人間が開拓していったからなんでしょうね。(じゃあ「したっけ」by北の国から はなんなんだ?)

逆に沖縄なんかは琉球王国として独自の文化の発展を遂げたために、「イチャリバチョーデー」みたいに全く違う言語になっていったんでしょうかね。

コトバの持つ可能性には無限のものがあると思います。それと同時に、いったん発したことばについては責任も生じるわけで、そこに傷ついている誰かを想像できるかどうか、そのために人は本を読み、学び、成長していくのではないかと感じるわけです。

トリビアでやってました。「福井県のある一部の地域では 正座する のことを ちんちんかく という」  85へえ(俺基準)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年12月 7日 (水)

北海道

大学2年の夏、北海道に行った。

札幌にいる友達の家に遊びにいったんです。サーモンがめちゃくちゃ感動するほどうまかったのが印象的ですね。

レンタカーを借りて、ドライブしたんですが、札幌→富良野→札幌で一泊でした。。。

どこまでも続く一本道に、すれ違う車もない・・・っていうのは本当でした。北海道の人はなんかじっと見つめてくる人が多いんですよね(僕の周りでは)。あと、一度決めたらとことん努力するっていうイメージがあります。福井の人は話しかけると必ず答えてくれたな。まぁ個人差はあるんでしょうが、俺は北海道の人は好きですね。

あ、その時ちょうど「北の国から」をやる直前で、しかも富良野に行って、初めて見たんですよね。これがまた面白くて、そのあと結局全シリーズ見ました。こんなにも面白いとは・・・

旅行をすると、それまでは地図であったり、学校の授業であったりで得た知識しかなかったものが、実際に目の前に現れるんですよね。これがめちゃくちゃ感動するんです。俺は。

なかでも、静岡の海沿いに立ち並ぶ製紙・パルプ工場には、「本当にあったんだ!」と感じました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年12月 1日 (木)

日本海

福井に行った帰りに、日本海をみてきました。

初めて見る荒海の、その雄大な姿にただ圧倒されつくした、という感があります。

波が岸壁に押し寄せ、打ち付けられ、長い時間をかけて刻み込まれた岩岩の年輪に、大自然の力、太刀打ちすることのできない圧倒的な力を感じました。

空にはトンビが悠然と舞い、曇天の空と風に立ち向かう強さを感じました。

その大地に俺は今立っている!みたいなね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年11月29日 (火)

福井に・・・

福井に行きました!

ま・・・出張で行ったんですが。

いいところですね、福井。

東京から米原を経由して3時間半。駅前はまさに開発中という感じ。北陸新幹線が開通したら一気に明るくなるのかな?

道をたずねたら、みんな笑顔で返してくれました。(まっ、地元のじゃないって人もいたんだけど)商店街をあるいていたら、カーテンで中が良く見えない店が。名前は「ハッピーショッピング」(?!)。チラッとのぞいてみると、数人のおばあさんに、一人の若者が話しかけている。「やばい!これ絶対悪徳商法だ!」。

そういえば俺も昔、マルチに誘われたな~とか思いつつ。

市電とか走っていてすごい風情のある街なみだと感じました。ま、地元の人がどう感じているのかが知りたいですね。

女子高生に道を尋ねたら、見事に間違っていました・・・

目的地にたどり着き、その日の夜はフィーバー!(ほとんど上司の介護でしたorz)

二日目は勝山市の恐竜博物館へ。

NEC_0048

NEC_0049

すっげー!なんでも世界で5本の指に入るレベルの恐竜博物館らしい。

眠いのでまた明日。

| | コメント (5) | トラックバック (0)